お酒のblog

バーテンダーとして、プロのテイスターとして、時には、一人の飲み手として、、、
その他、【食・素材】なども時々綴ります。
SSI専属テイスター、酒匠、スピリッツアドバイザー、FBO公認講師、日本酒学講師、international Kikizakeshi

I'm pro taster & Japanese Sake sommelier, bartender. cheers!

カテゴリ: sparking スパークリング

梅ヶ枝 吟醸 を炭酸水で楽しむ。

as sake professional taster

I was enjoyed the sake (梅ヶ枝 吟醸 Uegae GInjyo from Nagasaki ) with soda.
I recommend you do that same style, you can not only get so fresh feeling,
but also good pairing with any cuisines then.
On the one hand, as first drink .
(まだまだ私の英語はひどいものですが、自身の練習のために、今後もお付き合いください。)

IMG_4357



ハイボールというべきか、スプリッツァーや、ソーダ割というべきか、
それはTPOで使い分けるとして、「気軽にお酒を楽しむ。」のなら、
まずは、呼び名はなんでもいい。

梅ヶ枝 吟醸酒 一酔西匠1800ml瓶[長崎県:梅ケ枝酒造][箱付]

価格:1,831円
(2016/6/11 23:22時点)



美味しく、楽しくそしてそのどちらも”気軽”であることが肝心です。

そもそも、日本酒をソーダで割る行為そのものを、認めない方々もいらっしゃるでしょうが、
そのラインの強行突破は、私にとっては非常に簡単で、飲酒歴、飲み方、これまで飲んだ銘柄の数、
そして、私はプロテイスターであり、カクテルも作るバーテンダーでもあるわけですから、
「気軽にお酒を楽しむ。」のなら、自身を持ってこれもありなのです。

だから、日本酒やお酒のビギナーの方々も、決して肩身を狭くせずに、
色々と”気軽”に楽しんでください。

今、バーボンのソーダ割を食中で楽しむコピーをよく見かけますが、
そもそも、何十年も前からあったもので、ビーフステーキにビールやワインではなく、
”薄目の水割り”で、グレンフィディック などを合わせ、ウイスキーも飲み方で食中でもイケる!と、
飲んいた20代のころが懐かしいものです。


IMG_4354

※余談ですが、
お好みのウイスキーを水割りにして、冷蔵庫にストックしておくと、
お風呂上りが楽しくなります。

最後に、少しまじめな話、、、
ソーダ割でのテイストは、もちろん、炭酸水による苦味、爽快さはもちろんのことですが、
ベースのお酒の風味は弱まりますが、ここでは、吟醸香が損なわれるとかなどの視点ではなく、
上記の梅ヶ枝 吟醸だけではなく、そのようなものを使っても、ストレートで飲むときの香味、
ロックや水割り、また、燗やお湯割りなど、それぞれの飲み方により、日本酒やウイスキーに関わらず、
テキーラやワインでもそれぞれ変化があるものです。

簡単に言えば、「ストレートでは、ラガブーリン16年 が好みだが、水割りならグレンリベット18年 がいい。」
という会話が成立するものです。
※私は日常では、いまだにラガヴァーリンと言いますが、英語が益々身近になってきた昨今、
とあるイギリス人の意見を聞いてみたところ、一番適しているカタカナはラガヴァリンのようです。

また、先日お会いした、日本酒鑑定のプロだった石川先生もお酒(ウイスキー)の評価やテイスティングと、
日本酒のそれとは、その方法が異なるご意見をお持ちだったことも興味深いものです。


自身を持ってこの和製スプリッツァーのお試しを進めますが、今日はもう一つ。
ブラックベルベットや、ビヤ スプリッツァーならぬ、と”ある日本酒”をビール割も美味しいです。
実際にお勧めした方々は皆様疑って飲まれましたが、全員が「美味しい、こんな楽しみ方があったのか!」
との結果に。

one more,
泡ありの日本酒が流行っていますが、炭酸割もお試しください。
それぞれに良さがあります。




白鶴  HAKUTSURU

Big company as sake brewrey in KANSAI.
It is the following picture which a sparkling sake.
I recommend you drink that first drink then in your party, so like champane.
IMG_4228

関西を代表する大手酒造メーカー。
歴史が古いだけではなく、もちろん技術もある。

白鶴 淡雪スパークリング清酒 300ml あわゆき

価格:320円
(2016/5/21 21:48時点)



今、日本酒業界では、数十年かけてようやくクローズアップされてきた古酒、
その次に来ているのが、このスパークリングタイプ。

昨年、数十銘柄の飲み比べをしたところ、
本当に千差万別で、
”数十年前の古酒のイメージ”(個人的に深い意味がありますが、
伝えがたいことなので、とばします。)が沸いてきましたが、

この【白鶴 淡雪(あわゆき) 】、バランスがいいと思います。
スパークリングについては、日本酒でスパークリングは不要では?という方々も知っておりますが、
人気が上昇してきているのは事実です。

精米
%、酵母、ろ過or無濾過、麹米、生酛or速醸などと言うことを
意識したり、比較し、深みがある、香りが高い、キレが、、、などというテイスティング比較としてではありません。

ただ、ぜひとも試してください。
米、米麹、炭酸ガスで、気軽に美味しく乾杯できる、新たな幕開けです。


色々な白鶴 はこちら。

↑このページのトップヘ