I learned and traned a tasting sake method as different from point of view today.
Mainly, for they were aromatic type sake.
I think first impression is very important , and everyone is important to know the taste type of its own  also. 

aaa

今日は、日常聞くことができない興味深い視点からのテイスティング。
楽しく、真剣に取り組みましたが、テイスティングの難しさよりも、
日本酒が激動の時代にあること、技術の向上が早いこと、
どの世界にも、これまでの常識と未来の常識が全く異なることなど、
多くのことを考えさせられました。

お教え頂いた石川先生は、質問にも非常に明確にお答え頂き、
その中で、今後、自身で取り組んでみようと思うこともあり、
もちろん、テイスティング方法についても、有意義な時間を過ごしました。

カプロン酸エチル、酢酸イソアミルを利く、火落ち菌が疑わしい場合の香味特徴、
泡なし酵母が80%も占めている状況や、外国人は、老ね香を好む傾向がある、
清酒酵母のアルコール耐性実際にはがどうなのか?
など、その他、乳酸菌や鑑評会の評価方法など、、、、、

難しい言葉ばかりですが、真面目に、お酒を向き合っております。