マッカラン12年
これまで、モルトのロールスロイスと言われ続けてきた、
マッカランは基本的には、どのエイギングであっても、
シェリー樽を使用してきた蒸留所のモルトです。

ザ マッカラン(ザ マッカラン) 12年 40度 正規 箱付 700ml

価格:4,780円
(2016/2/22 22:35時点)
感想(15件)


それらができた理由の一つとしては、
スペインのへレス地方の特産であるシェリーのブルワリーへ
すべてマッカランへ返すことを条件に無料提供をする努力をしていた
からですが、現在のマッカランは、マッカラン(ファインオーク)12年
アピールしています。
というよりも、異常なほどのアピールです。

ザ マッカラン(ザ マッカラン) ファインオーク 12年 40度 正規 箱付 700ml

価格:4,357円
(2016/2/22 22:37時点)
感想(26件)


真意は別として、【マッカラン=シェリー樽】でなくてもいいと
言わんばかりですが、、、

では、マッカラン12年と、マッカラン(ファインオーク)12年
どちらがおいしいのか? というところに当然興味が向かいますが、

ピートに対する意見で、山崎か?白州か?という議論に似ていて、
スムースでライトな香りを楽しみたい人には、
マッカラン(ファインオーク)12年

シェリー由来の香味を楽しみたい、
昔ながらのマッカランを感じたい、
比較的芳香なものを楽しみたいという人には、
マッカラン12年

をお勧めすることがベーシックですが、
ローランドの何かとマッカラン(ファインオーク)12年や、
アベラワー12Y(シェリーカスク) マッカラン12年の比較など、
比較対象をもってテイスティングをすればより楽しい時間を過ごせますが、
この場合に大切なことはできるだけ近いエイジングでの比較です。

勇気をもってべたなシメをするなら、
マッカラン12年と、マッカラン(ファインオーク)12年
どちらが美味しいのかは、質の問題ではなく人の好みなので、
【ワッカラン】ものです。m(+_+)m

それと、マッカランがなぜシェリーから離れるのかは、
いくつかの憶測や噂を聞きますが、本当の理由はわかりません。