お酒のblog

お酒(アルコール全般)について紹介。 バーテンダーとして、プロのテイスターとして、、、 時には、一人の飲み手として、、、
その他、【食・素材】なども時々綴ります。

I'm pro taster & bartender.      cheers!

昨日、とある世界的企業のパーティーで、サービスを務めました。

25万人の中のトップ200人という、皆様VIPとのことで、
そのほとんどが世界中から集まる外国人の方々。IMG_4144

パーティの場所、料理、お酒、演出、全てが一流です。


皆様、年齢性別、国籍もそれぞれ異なりますので、
会話のほとんどが英語ですが、肩書きの意識と言いますか、
そのようなものが感じられず、平たく言えば無礼講。
(もちろん、私の英語理解力が低く、細かなニュアンスが
理解できていなかっただけかもしれませんが、)
無礼講とはいっても、皆様が本当にパーティを楽しまれていることが一目でわかる光景です。

上善如水 純米吟醸
 IMG_4133

このたび、お飲み頂きました日本酒の中では、【上善如水 純米吟醸 】が、
一番人気でした。
おそらく、ワイン文化の方がにとって、ドライ ≒ 白ワイン ⇒ 好み
では、と感じましたが、中には、1合以上入る大ぶりのロックグラスで、
何倍も飲まれる酒豪の方も、、、

〔清酒・日本酒〕9本まで同梱可能★純米吟醸 上善如水 1.8L・1800ml 瓶 白瀧酒造【RCP】

価格:2,309円
(2016/4/21 22:23時点)



それに続き、人気があったのは、香味ともに対照的な、
大七 生もと純米クラシック

大七 生もと純米クラシック 720ml

価格:1,566円
(2016/4/21 22:29時点)


ということは、ドライな日本酒だけが口に合うのではなく、
しっかりと色々なタイプの日本酒を楽しまれているということです。

エビのカクテルには、上善如水 純米吟醸
大トロには、  大七 生もと純米クラシックとお勧めすると、大変喜ばれ会話も弾みましたが、
会話が弾みだすと、私の英語力が悲鳴を上げだし、墓穴を掘ることに。。。

また、これらの異なるものを、食と合わせず、ワイングラスでお勧め知れば、
これもまた、非常に喜ばれました。
タンブラーとワイングラスでは、トップノート、テクスチャーなどすべてがやはり異なります。

本来はこのパーティでは日本酒ブースを任されており、
一人の日本人として日本酒の文化を広める立場でしたが、
ウイスキーなどのブースも含め楽しくサービスに務めました。IMG_4131
山崎18年 (現行入手価格約4.5万相当)
山崎25年 (現行入手価格約35万相当)

そちらも、最後に飲んでから久しぶりの再会です。
山崎25年は、当時8万円程度だったころ、数回飲んでみましたが、
もちろん至極の雫でした。

山崎18年ももちろん高級酒です。
とてもおいしいのですが、山崎25年と並べると、、、

どれくらいの差がこの2つにあるのかと言いますと、
・見た目ではっきリと違う。

では、ブラインドテイスティングでは、、、
・飲まずとも、香りの違いだけで違いが分かるくらいの差があります。

to be continued

純米麹長期熟成酒
IMG_3992


・美味しさと、珍しさで一度は飲んでみてはと、お勧めできます。
ただし、日本酒ではありません?!?!
米麹100%ということは、もともとはお米100%と思う方もあるでしょうが、
酒税法上では(※アルコール添加など、詳細は省きまして)、
簡単に言うと以下となります。

米+米麹+水 ⇒ 日本酒(清酒)
米麹のみ   ⇒ その他のお酒

■純米麹長期熟成酒 18度 375ml【米麹100%で仕込まれた酒】【専用クリアカートン入り】インターナショナルワインチャレンジ2013/古酒/ブロンズ/気品ある甘さ/優しい甘み/爽やかな酸味/穏やかな酸味/熟成香/会津ほまれ/蔵元直送/喜多方/地酒/【RCP】

価格:2,160円
(2016/4/20 00:47時点)



ですから、酒税法を除けば、限りなく日本酒と思っても差し支えなく、
当然、香味ともに、一番近いのが日本酒です。
というよりも、”日本酒”の純米酒の同等程度の熟成したものと、
ブラインドテイスティングをして、どちらが日本酒でそちらが日本酒でないか?
ということをすれば、まず、その違いを分かる人はいないでしょう。

酒税法というものは、日本酒にだけに関わらず、
ビール、発泡酒、第3のビール、、、、、と難しいものです。。。



龍勢 特別純米 和みの辛口

this is made by almost HATTANNISHIKI and some other.
The taste is not only dry, but also Richness.
We can enjoy drinking it  as cold to about 45℃ condition,

龍勢くらぶ 和みの辛口 特別純米酒(720ml)《P08Apr16》

価格:1,296円
(2016/4/14 16:00時点)



We can get complex taste and  rice flavor, UMAMI,
pairing with wide range, as SASHIMI and SOBA, TEMPURA also.
The rice was polished 35%
Every sake made in this brewery are 100% rice.

色々と考え方がある中、この蔵は、全量純米酒と、完全発酵を一つのコンセプトとしています。
創業150余年

since over 150 years.


様々な龍勢はこちら。

大七  生もと純米クラシック

This "生もと純米クラシック DAISHICHI KIMOTO JYUNMAI CLASSIC" is
longer aging priod than other normal.

it is aged 2 years or 2 years 6 month.
Normally,  other DAISHICHI KIMOTO is aged 1 or 1 year half.]
of course, it is already longer aging  than other breweries.
But this is 2 or 2years half.

Why long term aging?
for getting more deep and pllump taste, more complex aroma.
When you drink that, can get gorgeous and like yogurt taste.

大七  生もと純米クラシック 720ml

価格:1,566円
(2016/4/13 22:38時点)



so it is not only gorgeous, but also good balance, gentle taste from rice.
"生もと純米クラシック DAISHICHI KIMOTO JYUNMAI CLASSIC" belongs to "醇酒 JYUN SHU".


大七の生酛は、他の多くの生酛製品と比べて熟成期間が長く、
大七 生もと純米クラシック は、その大七の生酛と比べても、
さらに長い熟成期間を経ています。

※ところによれば、大七 生もと純米クラシック は、マニア向けを紹介をされていることがありますが、
美味しいお酒を飲みたい、ふくよかな酒とはどういうものかを感じたいと、
自然に思われる方は、なんの抵抗もなくぜひともご経験ください。
決して、マニア向けではありません。

コーヒーのコピルアック や、ハブ酒 ほど特殊なものではなく、とてもノーマルなカテゴリに属し、
濃醇、旨み、ふくよか、ふくらみなどという印象を受ける美味しいお酒です。

様々な大七はこちら。

花の井 純米吟醸原酒

花の井  純米吟醸原酒 1800ml 6本入り

価格:26,170円
(2016/4/12 22:00時点)




このお酒が、十三年たつと、 、、
IMG_3983
このような古酒、または熟成酒というお酒になりますが、
今注目されている古酒をよく知る人はこのお酒がどのような色をしているのかお判りでしょうか?





IMG_3984

13年物なのに驚くほど、色付が薄いです。
そうすれば、少しお詳しい方の中には、氷温だからでは?となるでしょうが、
このお酒は”常温”熟成、13年古酒です。

そのなぞは、、、
お店にご来店頂きましたときか、日本酒の講師としてなど、なにか機会がございます時に、
ご指名、お招き頂ければお話しさせて頂きます。

自身の宣伝を兼ねまして、、、
======================
■お酒関連の資格など、
*SSI専属テイスター
*酒匠
*日本酒学講師
*唎酒師
*スピリッツアドバイザー
*FBO公認講師

*バーテンダー
*アイスピックで氷を丸くカットできます。
渡辺式~丸氷の作り方(バーテンダー) アイスピックで丸い氷
https://www.youtube.co/watch?v=JlzslOGEKPc
======================

その他の花の井 もどうぞ。。。
お話しさせて頂きました、花の井の方は非常に好感の持てる方で、
とてもご丁寧に色々なことをお聞かせいただきました。










前回からの続きで長くなりましたが、お勧めの1本。
ポールジロー 35年

私は、スピリッツアドバイザーでもあり蒸留酒全般の知識や飲酒キャリアも長く、
日本酒だけが得意というわけではありませんので、あえて日本酒ではないものを選びました。

香味を評価するプロテイスターとしてお勧めできるものであり、また、思い出深いお酒です。
ポールジロー 35年

ポールジロー 35年 700ml 40度 正規

価格:28,569円
(2016/4/8 23:03時点)
感想(4件)



私がひそかに自宅で飲み始めてから、20年ほど経ちます。
有名な漫画で「レモンハート」にも出てきます。

今、ブランデーはウイスキーとくらべてもあまり日本で消費されていません。
世界的に見ましても同様です。
それでも”このブランデー”は、間違いなくお勧めです。
お値段はそれなりですが、1度きりの人生で、一度くらいはぜひとも”このブランデー”ポールジロー 35年
出会われた方がいいお酒です。

”このブランデー”という表現は、その他色々と同格レベルの年代物のブランデーは他にもあります。
レミーマルタン エクストラ ジャンフィユー レゼルヴ ファミリアル ヘネシー パラディ
AEドール ヴィエイユレゼルヴ デラマン レゼルヴ・ド・ラ・ファミーユ 、、、、、、
美味しいコニャックはこれら以外にもたくさんあります。
ラ フォンテーヌ100年 など、まさに1世紀、100年という代物も飲んだことがあり、もちろん美味しいのですが、

それでも、ポールジロー 35年 はお勧めです。
お値段はそれなりにしますが、食べ物、飲料など香味にご興味のある方なら、
経験することが出来る範囲のものだと思います。

【900本限定★貴腐ぶどう、愛好家を唸らせる逸品】ポールジロー 35年 トレラール 正規:特別仕様 40% 700ml

価格:27,000円
(2016/4/8 23:06時点)
感想(0件)



※日本から見れば正規品と平行品(ヨーロパでは正規品)など、
お酒だけではなく、色々な品物で意見や噂がある2つを紹介しましたが、
私のお勧めはどちらでもOKです。
あえて、言うならあらゆる香味の肩書をくぐってきた人間として、
どちらも美味しいと自信を持ってお勧めし、その意見を一度信じて頂きご参考頂きたいと願います。

======================
長期熟成にのみ許される芳香。
それは原料由来というよりも、木樽と長期にわたり時を刻んだ液体のみが持ち合わせるもの。
もともとはクリアで透明だった原酒が、時間とともに少しづつ、また、少しづつ色づき、
無垢だったものへ、いくつもの要素が交わり、変化を遂げてきた、まさに液体の宝石です。

トップノートだけでも、他のそれとは異なる質感。
含んだ瞬間から広がる熟成香と芳醇な味わい。
フィニッシュは、とても優雅で長く、一貫して長期熟成によりもたらされた香味を
贅沢に味わうことができる、まさに特別なコニャック です。

出来れば、少し指につけて手の甲に広げてみてください。
他のものとは全く異なることがわかるでしょう。
また、少しもったい想いと贅沢なことですが、長時間放置すれば
その液体は次第に濁っていき、アルコールが飛んだあとには、甘酸っぱいブドウジュースへと、
時計が逆戻りしたかのような経験ができるはずです。
このようなことをする必要があるのかは別として、明らかにスタンダード品、もしくは短期熟成品には起きない反応です。

そして、できることなら数年間飲み続けてください。
一度きりの出会いではなく、こちらがポールジロー 35年を深く知ってあげれば、
ポールジロー 35年も、また、心を開く友人の一人になってくれるでしょう。


学問的な堅苦しい話はせずに、、、
けれどもある程度の基準を持って味覚や香味について。

私は唎酒師(kikisakeshi)という資格を持っております。
そして、その延長線上にある酒匠、SSI専属テイスターという肩書もございます。
第三者に自身の味覚を認めてもらえたという意味では、
一人の人間としてとても心地よく、素直に喜べるものです。

バーテンダーでもある私は、以前、ある知人の方に、
「マスターに教えてもらったお店や食べ物は、ハズレがなく、ほんまに美味しい。」
と言われました。
その時、素直に喜ぶことができました。
味覚を褒めらることは、他の物事と比べ素直にうれしく感じることが出来ます。

私は、唎酒師(kikisakeshi)という資格を取ってから、資格や肩書というものに
あまり興味を持たなかったり、色々な思いがある中、遠ざかっておりましたが、
やはり、第三者に味覚を認めてもらえることは素直にうれしいものです。

それと、これは現実的なことになりますが、肩書のない私と、肩書のある私では、
私の味覚に対して、耳を傾けてもらえる信頼度が格段に異なることも、まぎれもない事実です。

昨日までの私と今の私、10年前の私も含め、日常から美味しい食に興味があり、
美味しいお酒を楽しむことが日常的にある自身にとって、どの時点も同じ私なのですが、
私への評価は大きく異なります。
唯一、身近な知人やお客様方には、どれも変わらぬ同じ私に移るようですが、
ほとんどの方々にとっては、やはり資格、もしくは公平な第三者に味覚を認められた人物となり、
信頼や信用度が大きく前進します。

それだけに、”実情に沿った肩書”というものは重く、大切なものであり、
また、美味しさとは、時として絶対ではなく、嗜好品であることも忘れずに、
その信用を裏切らぬ心がけを持ち続けることが求められているのだと感じております。


次回、お勧めの1本。ポールジロー 35年

ポールジロー 35年 700ml 40度 正規

価格:28,569円
(2016/4/8 23:03時点)
感想(4件)



to be continued

ホワイトホース ファインオールド

このホワイトホースも、このファインオールドのスタンダードをはじめ12年物などもございます。
ご年配の方々には、【白馬】として、なじみがあったり、
懐かしかったりするのではないでしょうか?

ホワイトホース ファインオールド(700mL)

価格:1,261円
(2016/4/6 23:00時点)


この【白馬】、関西だけなのか、全国的なのかは分かりませんが、
【はくば】ではなく、【しろうま】と言われております。

このお酒のテイスティングコメントは、どなたかにお任せして、
近年、このお酒に関わる私情を少し。。。

数日前にもありました、恒例のお食事会でのこと。
知人の91歳と86歳になられるお二人と”楽しく”お酒を頂くのですが、、、
それには、少し覚悟が必要です。

私自身、これまで数々のお酒を飲む場面で無理やり飲まされることはなく、
どちかというと自ら進んで飲むのですが、このお二人には逆らえず、
尋常ではないペースで飲む必要があるのです。

そして、その時に色々な事情が複雑に重なりあった結果、
ホワイトホース ファインオールドが登場します。

まず、ビールジョッキ (現在の小さめの中ジョッキ )に氷を入れあとは、
このホワイトホース ファインオールドで満たすだけ。
ショット何倍分になるでしょうか?

これで乾杯し、食事会が始まります。
私は、通常ウイスキーをロックでは飲まないのですが、
これまでの、”至極”の食事会で、
「ウイスキーはストレートで飲みます。」と言ってしまった結果、
生まれて初めてストレートで追い込まれたものですから、
なんとか、ロックにまでこぎつけることが出来ました。

お二人も、ご高齢ながら、お一人は日本酒を2合、もうお一人はビールを3本と
驚異的な強者なのですが、このお二人の酔い加減により、
私のジョッキ の満たされるペースが決まります。

その結果、この日もボトル1本が無事終了となりました。
後半のジョッキの中の状態はといいますと、「色が薄い」という理由で、
ほとんどウイスキーのみです。

私の経験上、ウイスキーをジョッキで飲むことはこの食事会以外はありません。
若かりし頃、ロンリコ151 を、とあるカウンターで知人とショットで飲み比べをしたことがあります。
お互い、ある程度酒量を受け付ける体質でしたので、なかなか決着がつかず、
お互いに「もう、飲まないでくれ!」と心で叫びながら、十数杯ずつ飲みました。
もうそれは正気の沙汰ではありませんので、カウンターには人が集まってきたものですが、
今はあれから、20年以上も経つ老体です。

あの時のロンリコ151 よりも、このホワイトホース ファインオールドのジョッキ飲みは
体に堪えます。

ロンリコ 151 700ml

価格:1,663円
(2016/4/6 23:37時点)



一気飲みや、無理に進めることは命にかかわることなので、
アルコールの分解が弱い方だけではなく、どなたも真似はしないようにしてください。
私の場合は、これまでの飲酒経験や、アルコールを分解できる体質のせいか、
この食事会の最中も、楽しく3人で雑談をし、その後も、無事一人で帰宅しておりますが、
無理やりキツイお酒を飲むことは絶対にお辞めください。


また、このロンリコ151は 75.5%ありますので、恐ろしくキツイお酒です。

余談ですが、
アルコール 100度:200アメリカン・プルーフ=75.5度:151プルーフです。
ブリティッシュ・プルーフも、グレンファークラス105などで見かけることがあります。

グレンファークラス 105 700ml 60度 正規 Glenfarclas 105 グレンファークラス グレン ファークラス 105 ウィスキー kawahc

価格:5,614円
(2016/4/6 23:48時点)



その場合は、
100度=175ブリティッシュ・プルーフなので、
60度のお酒となります。


IMG_3855

この日も、夜桜がとてもきれいでした。

チェリーブランデー

桜にちなんで、取り上げたものの、
チェリーブランデー という響きには、誤解と真実があります。

ボルス チェリー ブランデー 24度 700ml あす楽

価格:1,080円
(2016/4/3 02:30時点)


響きとは異なり身近にある?もしくは、バーなどでカクテルとして使われる、
チェリーブランデー は、以下のようなリキュールで、ブランデーではありません。
チェリーブランデーを使用する有名なカクテルとしては、シンガポール スリングでしょう。

01ada59a41c1fa838516b58ebbdbc8bb347444d24a
(※自宅から数秒の川沿いで桜が開花しています。)


が、、、
一方で、チェリーブランデー(キルシュ) というものもあり、
以下のような無力透明なスピリッツです。

マスネ オードヴィ キルシュ 40度 700ml

価格:3,380円
(2016/4/3 02:37時点)



ややこしい言い方ですが、
ブランデー好きには、このチェリーブランデー(キルシュ) は、全く違う志向のものとなりますが、
焼酎やウォッカ等を好まれる方には、その延長線上にあるもので、
こちらも、ブランデーとはいえ、全く異なるものです。


0163dd1038d4b2173f9d9a6e40b3a99f6cc992626d

なにわともあれ、桜はいいものですね。

アサヒ スーパードライ
Limited version SAKURA (cherry blosom) on seassonal.

こちらは、桜の限定バージョン。
実際の桜を見に行かずとも、アサヒ スーパードライ を買えば、
自宅で花見が成立する?のかどうかは別として、
大手さんのマーケティングやコマーシャルの結果生まれるのでしょう。
実際に手に取ると、なかなかいいものです。
IMG_3774

こちらはおなじみの通常バージョン。
アサヒ スーパードライ

アサヒ スーパードライ 【350ml缶・ケース・24本入】(ビール)

価格:4,469円
(2016/4/1 21:30時点)



Alcoholic beverage preferences are complitely subjective and based on individual taste.
Of course, beers also.
ビールの好みも、人それぞれですが、
なんといっても、女性がビールを楽しみ、ビール人口を増やした功績は
多大なものだと思います。

Cheers!

↑このページのトップヘ